2018年6月21日木曜日

食品選びの基準。

みなさんは、どうやって毎日食べるものを選んでいますか?

今日は「機能性表示食品」というものについて少しお話をしようと思います。

食材を買いにスーパーマーケットなどに行ったとき、例えば、納豆ひとつとっても、さまざまな種類が並んでいます。粒の大きさ、豆の産地、たれの味など…好みに合わせて選べる半面、どれにしようかなかなか決められないなんてこともあるのではないでしょうか。

買う前に知ることができる情報として、食品パッケージがあります。商品の特徴から、カロリーや塩分の他、アレルギー表示など細かい情報も知ることができるため、食品選びに悩んだ際は大いに参考にしたいものです。

さてそこで、「機能性食品」とは何なのか。商品パッケージに書かれた「おなかの調子を整えます」とか「糖の吸収を緩やかにします」とか、そんな文句を一度は目にしたことがありませんか?こうした、健康維持や増進に役立つ機能性を食品関連事業者の責任で表示された食品を「機能性食品」といいます。

この制度は特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品についで、平成27年4月からはじまったものです。

食品はまず
①一般食品(機能性の表示ができない)
②保険機能食品(機能性の表示ができる)

の二つに分類され、このうちの②のほうをさらに
a.特定保健用食品(国による個別許可)
b.栄養機能食品(自己認証)
c.機能性表示食品(届出)

の三つに分けることができます。

()内が認証方式となりそれぞれ異なります。機能性表示食品では、販売前に国への届け出が必要となっており、消費者庁のホームページでその届出情報を確認することができます。

たとえばこんなもの。見たことがあるのではないでしょうか。


ちょっと見えにくいのですが、こんなふうに表示があり、上の部分に「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」という機能が表示されています。

特にこの「糖の吸収を~」の文句は、しょっちゅうCMなどでも耳にするような気がします。しかし、たくさん摂取したからと言って、より効果が期待できるものではありません。医薬品ではないので、病気の治療や予防を目的にとるのはやめるように言われています。

また、パッケージにも記載されていますが、食生活は主食、主菜、副菜のバランスがあってこそ。こうした食事はあくまで補助的なものとしてとらえてください。

商品の情報を理解して、毎日の買い物や食生活に役立ててくださいね。





2018年6月8日金曜日

干しあんずでクッキー。

いよいよ2018年も折り返しの月に突入です。関東地方は梅雨入りもして、これから蒸し暑い日が多くなりそうです。熱がこもりやすいこの季節、熱中症対策も忘れずに。

今日は、先日ちらっと登場したおやつのレシピのご紹介です。

おしゃべりサロンのおやつ用に作ったクッキーです。先日は甘酒の蒸しパンのレシピをご紹介しましたが、そのときのブログにも写真だけ登場していました^^

授乳中のママが食べることを考えて、安心して食べることができるよう考えました。

「あんずとナッツのクッキー」

粉砂糖で白くなっていて分かりづらいですがあんずやアーモンドなどが入っています。

<材料・約24個分>

・バター・・・30g
・きび砂糖・・・15g
・卵・・・30g(約1/2個)
・スキムミルク・・・30g
・薄力粉・・・60g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1/4
・干しあんず(できれば無漂泊のもの)・・・90g
・アーモンド・・・30g
・粉砂糖

<作り方>
①干しあんずは細かく刻み、アーモンドは粗く刻んでおく
②柔らかくしたバターと砂糖をボウルでよくすりまぜる
③溶きほぐした卵も加え混ぜる(分離した感じでも大丈夫です)
④スキムミルクを入れて全体をよく混ぜる
⑤薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加え、ゴムベラでさっくり混ぜる
⑥粉っぽさが残っているうちに①を加え混ぜる
⑦生地を丸めてクッキングシートを敷いた天板に並べ、170度のオーブンで15分ほど焼きます
⑧冷めたら全体に粉砂糖をまぶす

スキムミルクはあまりなじみがないかもしれませんが、脂質はほとんどなく、手軽にしっかりとたんぱく質やカルシウムが摂取できます。

ドライフルーツの甘味を活かし、砂糖は極力減らしています。少ししっとりとしたクッキーですが、アーモンドの歯ごたえとドライフルーツが入っていることでよく味わい深く、よく噛んで食べるようになるのもおすすめポイント。

ぜひ作ってみてください♪♪





2018年5月24日木曜日

あかちゃんのアレルギー。

最近、お子さんの食物アレルギーのお話を伺う機会がいくつかありましたので、今日は乳幼児の食物アレルギーに関してのお話を少し書こうと思います。

食物アレルギーというのは、特定の食べ物により、じんましん、下痢、嘔吐などのアレルギー反応を起こす病気のことです。3歳くらいまでは消化機能が未熟で、食べ物が十分に消化されずに消化不足の食べ物を異物とみなすことでアレルギーが起こりやすいといわれています。

また、その症状があらわれるまでの時間の長さにより「即時型」と「非即時型」というものに分けられます。

アレルゲンを摂取して数分から2時間以内に症状があらわれるものを「即時型」。

2時間以上、場合によっては1~2日後に症状が出る「非即時型」。

乳幼児期、学童期に発症する食物アレルギーに多いのは前者の「即時型」で、5~20分の間にあらわれることが多く、症状は軽い場合もありますが全身じんましんや喘息症状など重症になる場合もあります。

即時型のアレルギー症状が皮膚症状にとどまらず、呼吸器や消化器などの複数の臓器に急激にあらわれることを「アナフィラキシー」といい、血圧低下や意識障害を伴う症状に「アナフィラキシーショック」というものがあります。このような状態は生命の危険を伴う場合があるため、呼吸困難やめまいの症状があればすぐに救急車を呼びましょう。

近年のデータによると、0歳児で最も多いアレルギーの原因食物は鶏卵で、実に60%以上を占めます。次いで乳製品(20%)、小麦(7%)となります。この順位は3歳ころまで変わりませんが、乳幼児期に発症した食物アレルギーの場合、多くは成長とともに耐性を獲得することができます。

これらの食物について、3歳までに約50%、小学校入学までに80~90%のお子さんが耐性を獲得し食物除去が解除され食べられるようになるといわれています。

離乳食が始まったら、簡単で良いので食事記録をつけて(特に初めて食べる食材は意識して)何を食べたのか、皮膚の様子に変化はないか、うんちの状態や日常生活の様子はどうだったかをわかるようにしておくと安心です。

そして、アレルギーかな?と思っても自己判断により特定の食物を除去することはやめましょう。あかちゃんに必要な栄養が十分にとれなくなる恐れがあります。食物アレルギーは、あくまで正しい判断に基づいた必要最小限の原因食物の除去が原則です。主治医の判断のもと、原因物質が特定できたら指示に従って食物除去をすすめていきましょう。

また、離乳食をすすめる中で、アレルギーを必要以上に心配して自己判断で特定の食材の摂取を遅らせたり除去するようなことも避けましょう。月齢にあった食材を、月齢にあった調理法で食べさせてあげてくださいね。乳幼児期は成長が著しい大切な時期ということを忘れずに、楽しい離乳食生活を送ってほしいと思います!

2018年5月23日水曜日

手づかみ応援メニュー。

早いもので5月も残すところあと1週間ほどになりました。6月に入ると気分は梅雨。そして一年の半分が終わってしまう…と感じるころ。時間が経つのはあっという間なので、一日、一日を大切に過ごしていきたいなと思います。

先日、完了期の離乳食教室を行いました。5組全てのママと赤ちゃんがリピーターさん♪というわけで、すくすくと元気に成長したあかちゃんたちに会えて、とってもとっても嬉しかったです!!

今回は9ヶ月前後のあかちゃんが中心でした。そろそろ手づかみ食べをさせたい…手づかみ食べのメニューが知りたい…というお話が多く聞かれました。

3月の完了期のときに紹介した本日の離乳食レシピ。こちらの鉄分補給メニューからのアレンジで、今回はごはんを使ったおやきも試食していただきました。


前回の教室でじゃがいもに混ぜたものとほとんど同じですが、さらに材料がシンプル。包丁も使いません。

柔らかく炊いたご飯(軟飯…だいたい、お米1に対して水が2~3くらい)一食分(完了期・12ヶ月くらいの目安量)90gにしらすが20gくらいと、青のり少々。それをよくまぜてぎゅっと手でつぶすようにしながら小さく丸め、植物油少々をひいたフライパンで焼きます。(写真はおよそ1/3量)

ぎゅっとにぎって、さらに少しだけ表面を焼くことで、柔らかいご飯もまとまりやすくなり手にとって食べやすくなります。あまり焼きすぎると固くなってしまうので、ほんのり薄く焼き目がつく程度がいいと思います。

今回の教室では、この一口サイズの大きさと、もう少し大きめの「二口」サイズのものを用意しました。上下の前歯が生えてきたら、「かじりとり」の練習もしたいので、パクパクと一口で食べられるサイズだけでなく、少し大きめのサイズのものも用意してあげるとよいでしょう。

あかちゃんの「やりたい!」が増えてきて、なかなかママの思うように食事が進まない時期に入ってくるとは思いますが、「自分で食べる力」を育む大切な時期です。ゆったり、赤ちゃんとママのペースで進めていってほしいと思います。

2018年5月10日木曜日

プレコンセプションケア。

記録的に暑い日だったり、寒い日だったりが代わる代わるやってきて、なんだかどうしてよいのかわからない日々ではありませんか。体の調子を保つのに精いっぱいな気がする今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日の生命のサイクルの続きです。

低出生体重児が発症リスクの高くなる疾患がいくつかあるというお話をしたのですが、ここをもう少し掘り下げると、こんなことも危惧されているようです。

それは、初経・閉経年齢との関連性です。

小さく生まれて大きく育った場合に、初経年齢が早くなる傾向があり、その後の閉経年齢も早期化するそうです。閉経後は、ご存知の方も多いようにエストロゲンが減少し、骨粗しょう症や脂質異常症(LDLコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎたりする状態)などの発症リスクが高まります。つまり閉経年齢の早期化イコール、熟年期早期からの健康リスクが高くなるということです。

こうした低出生体重児を減らすために、妊娠前からの若い女性の栄養状態を良好に保つことがとても重要であるということは言うまでもありません。

そこで出てくるのがタイトルのことば「プレコンセプションケア」です。

これは、世界保健機関(WHO)が提唱している言葉です。若い世代の男女がより健康になることで、より健全な妊娠・出産のチャンスを増やし次世代の子どもたちをより健康にすることを指します。

もともとは、発展途上国での普及を考えるものでしたが、日本の若い女性のやせ問題にも置き換えることができます。

資料によると、東京丸の内周辺で働く女性の調査で、1日の摂取エネルギーが少なく、全体の2~3割がBMI18.5未満のやせ。しかし体脂肪率は高め、つまり筋肉量は少ない不健康なからだの女性が多かったそうです。

正しい知識を身に付けて、単にやせ細ったからだではない健康なからだの若い女性(男性もですが)を増やすために、どんな取り組みができるのか真剣に考えなくてはならない時なのではないかと思います。

(参照:日本栄養士会雑誌4月号)


2018年4月26日木曜日

ふんわり蒸しパン。

所々に、鯉のぼりを見かけます。風になびいて、優雅に泳いでいるような鯉のぼり。端午の節句なら柏餅とか、しょうぶ湯とか、季節の行事にはその日ならではの伝統があり、そんなふうにして季節が感じられることは幸せなことだなーと思います。

さて、本日は当院のおしゃべりサロンの日ということで、おしゃべりには欠かせないおやつ作りをしてきました。

ひとつレシピをご紹介したいと思います。


ちょこんと見えるのはうぐいす豆の甘納豆です。なんだか地味な見た目ですが…

「甘酒の蒸しパン」

材料・小6個分

・薄力粉・・・・100g
・ベーキングパウダー・・・・小さじ1
・きび砂糖・・・・大さじ1
・卵・・・・1個
・甘酒(米麹)・・・・80cc
・植物油・・・・大さじ1
・甘納豆・・・・20~30g


1.卵をボウルに割り入れ、よく溶きほぐして甘酒とまぜておく
2.薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖を大きめのボウルに入れぐるぐる混ぜる
3.2に1を加え混ぜたら油も入れてよく混ぜる
4.ココット型などに紙カップをしき、甘納豆の半量を入れておく。そこに生地を流し込み、残りの甘納豆も埋め込むように乗せていく
5.蒸気の上がった蒸し器で12分蒸します

蒸し器がない場合は、深めのフライパンや鍋に2cmくらい水を入れ、安定させるためにキッチンペーパーなどを2~3枚しくと良いでしょう。ふたは布巾などで多い、しずくが垂れるのを防ぎましょう。

お砂糖はほんの少し。甘酒は米麹のものなのでアルコールは0%です。蒸しあがるとほんのり甘酒の香りがして、生地はしっとりふわふわです。ぜひおためしください。

その他にも、鉄分、カルシウム、食物繊維などおいしくとれるように工夫した、おからやアーモンド、スキムミルクなどを使った焼き菓子もご用意しています。

季節により内容は変更になりますが、おいしいおやつとおしゃべりでひと息つきませんか?ご参加お待ちしております!

2018年4月5日木曜日

生命のサイクル。

新年度がはじまり、もうすぐ一週間が経とうとしています。みなさんはどんな4月をお迎えですか。相変わらず気温が安定せず寒暖差が激しい日々なので、体調管理には十分にお気を付けくださいね。

今日は、日本の母子保健の向上についてちょっと考えてみようと思います。言い方がカタいですが、妊娠(胎児)期から新生児、乳幼児期、学童、思春期そして成人という次世代につなぐループ構造の中のお話です。

何度かお話をしてきましたが、日本では今「低出生体重児」の増加が問題となっています。日本で、2500g以下で生まれた低出生体重児は、この10年、9.6%と極めて高い割合が続いています。発展途上国では20%を超える国もありますが、先進国でこの数字は異常といえるそうです。

低出生体重児で生まれると、将来発症リスクの高くなる疾患がいくつかあることが明らかになっています。つまり、これから将来的にそういった疾患が増えるということが言えます。

この要因として考えられるものには、妊娠前のやせ・低栄養の他に、妊娠中の体重増加が著しく少ないことや、妊娠中の栄養不足、精神的ストレス、環境化学物質などさまざまなものがあげられます。

20代、30代の女性のやせの頻度が増加していることと、この低出生体重児の高水準が深くかかわっているということは想像に容易いのではないかと思います。

やせ願望も大きな背景にあると思いますが、それに加え、昨今の社会背景から、朝食をとる時間が無くなったり、勤務時間が長くて十分な食事がとれない女性が増えてきたということも大きいのではないでしょうか。

人の命はいきなりできるものではありません。命が芽生えて育つ環境は、命が芽生える前から整えていく必要があります。妊娠前からの栄養状態、産前産後の栄養の重要性をもっともっと多くの方々に知っていただきたいと思っています。いつまでも続くこのループがよりよいものになっていくために、少しずつではありますが日々の暮らしで役立てるような情報を公開していきたいと思います。

この問題についても引き続き、お話できればいいなと思っています。

4月、新しい気持ちでまた毎日を笑顔で元気に過ごしていきたいですね♪