2019年5月24日金曜日

きくらげ。

突然ですが、「きくらげ」を最近食べたのはいつですか。

一般的に出回っているものは「黒きくらげ」が多いかと思います。くらげと言えど、きのこです。きのこ売り場で、生のきくらげも売っていますが、乾物コーナーに行くと乾燥した黒きくらげが売られているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私事ではありますが、乾燥きくらげはうちでは必需品というくらい、いつもあります。きくらげというのは、あまりスポットライトを浴びることのない食材だと思うのですが、女性や子どもに欠かせない鉄分、カルシウムなどが多く含まれ、とても優秀な食材なのです。なので、もっときくらげを知ってほしい。食べてほしいと思って今日のテーマにしました。

とはいえ、キャベツやじゃがいものようにもりもり食べるものでもないので…。乾燥きくらげを常備しておいて、ちょこちょこお料理に使ってみてはどうかと思います。

あまり味の主張はなく、コリコリとした歯ごたえが美味しさのひとつだと思います。炒め物などもおいしいですが、乾燥ワカメをみそ汁に入れるイメージで使っていただけたら、簡単に取り入れられるのではないでしょうか。

そんなきくらげ。注目の栄養素としてはやはり鉄分、カルシウム、それからビタミンD(特に乾燥きくらげ)、食物繊維も多いです。同じきのこ類を見ると、全般的にきのこ類というのはビタミンDが多めなのですが、鉄分とカルシウムの量は群を抜いて多いです。

また、ビタミンDというのは体内でカルシウムの吸収を高める作用があるので、カルシウムもビタミンDもたくさん含まれているというのは実に都合が良いと言えます。

エネルギーも低く、鉄分やカルシウムなどが豊富なきくらげ。ぜひ食卓の名脇役に!!ときには主役に!おすすめです♪

2019年5月10日金曜日

プレーンマフィン。

今クール、第2回目のベビーマッサージ教室のおやつ。

とってもシンプルな、プレーンマフィンです。


フルーツやココアなどを入れない分、材料そのものの味が引き立ちます。

お砂糖はきび砂糖を使い、無塩バターと植物油を半々にしてあまり重くなりすぎないようにしています。

材料と作り方(6個分)
・無塩バター・・・30g
・きび砂糖(なければどんなお砂糖でも)・・・80g
・卵・・・1個
・太白ごま油(なければサラダ油など)・・・大さじ2
・薄力粉・・・100g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1
・牛乳・・・60g

1.バターと砂糖をよく練ります。
2.そこに、溶きほぐした卵を少しづつ加えて混ぜ合わせます。バターと砂糖を混ぜたときにモソモソしていても、少しずつ溶き卵を加えることでなめらかになってきます。一度に加えると分離してしまうので、少しずつ、がポイントです。
3.油も加え、さらによく混ぜます。
4.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら、約半量を加え、ゴムベラで混ぜます。牛乳も半量入れて混ぜ、残りの粉類半量、さらに残りの牛乳といった順番で半分ずつ加え、ゴムベラで混ぜていきます。
5.マフィン型に入れ、170度のオーブンで20~30分ほど焼きます。

シンプルなものはなんとなく落ち着く味のような気がします。原点回帰ではないですが、いろいろ食べてもやっぱりシンプルなものが一番おいしい!ってことありませんか。

過ごしやすいこの季節に、簡単な焼き菓子など手作りしてみてはいかがでしょうか♪

2019年5月8日水曜日

母の日。

連休明け、いかがお過ごしでしょうか。この10連休、一日中晴れた日は無かったのではないかと思うくらい、天気の移り変わりが激しかったように思います。体調を崩してしまう方もいらしたのではないでしょうか。ここ数日はカラッとした陽気ですが、これから梅雨の季節もやってきます。気候の変化に体がついていかれるように、元気に過ごしていきたいものですね。

今朝、新聞でこんな記事を読みました。もうすぐ母の日ということで、子ども向けに書かれたものです。少し要約します。

“お誕生日になると「おめでとう」と言ってもらえるけれど、その日はお母さんがあなたを産んだ日です。お祝いはお母さんが受けるべきかもしれません。赤ちゃんができたと分かってから約9ヶ月、お母さんはたくさんの苦しいことを体験します。赤ちゃんが生まれるときがまた苦しいけれど、生まれたとたん、苦しかったことを忘れてしまいます。だからお母さんは「お誕生日おめでとう」とあなたに言うのです。自分にではなく。”

母の日に何をするかは人それぞれだと思うのですが、こうして考えると、自分の誕生日こそ母に感謝をしなければと思ったりもします。しかし自分が母の立場として考えてみると、子どもに何か感謝をしてほしいと思うことはなく、ただただ、存在自体が嬉しく、こちらのほうが「生まれてきてくれてありがとう」と思う。だからやっぱり、お誕生日は子どもに「おめでとう」なんだなぁ…と。

離乳食教室を開催するたびにも思います。お母さんは分からないことや不安なことがありながらも、我が子を抱きながら笑顔で、充実した表情でお話をされます。小さな赤ちゃんの存在の大きさと、お母さんの愛情に毎回感動してしまうのです。

世のお母さんがた。いつもお疲れ様です。お母さんの笑顔は家族の元気のもとだと思います。大変なこともたくさんあるけれど、元気にがんばっていきましょう^^

2019年4月24日水曜日

十人十色。

桜のピンク色が、葉桜の新緑に変わり、今は外出するときれいなつつじを目にすることが多くなりました。思い上着も脱いで、季節の移り変わりを感じるころです。こんな時期ではありますが、インフルエンザが再流行しているなんていうニュースも目にして、予防や対策はしっかりしておきたいですね。

先日、離乳食教室「完了期」を行いました!9ヶ月から、12ヶ月の赤ちゃん4名とママが参加してくださいました。このころになると「赤ちゃん」と呼んでいいのかわからないくらいしっかりとしてきて、表情や声、足腰の強さなどが際立ってきます。

そして、10ヶ月くらいを境に、母乳やミルクの栄養から、食事からの栄養に半分以上が切り替わっていきます。もちろん、個人差は大いにありますが、このころから母乳の栄養が減っていくのは事実。母乳をたくさん飲んで、離乳食を少ししか食べないけれど、体重は減っていないから大丈夫、というわけではなくなってくるのです。

目安としては9~10ヶ月くらいに3回食になっていき、大人と同じような時間帯に食事をするようになってきます。そこでしっかりと離乳食から栄養をとり、ほしがるようなら母乳やミルクを与えます。

ここで、今回の離乳食教室の中でママたちが大いに盛り上がったのが「母乳のやめどき」の話題でした。

たった四人のママですが
①11ヶ月くらいでやめることができた
②母乳をやめたい
③まだ母乳をやめるのは寂しい
④お腹をすかせた赤ちゃんのほうから「おっぱい」か「離乳食」かの意思表示がある(母乳をあげようとすると拒否をしてご飯をほしがる)

とみなさん様々な育児を展開されていました。特に4番目の赤ちゃんの話には一同びっくり。生まれてたったの10ヶ月足らずで、そんなしっかりと意思表示ができるなんて!かわいすぎます。

今回参加してくださった赤ちゃんは、試食タイムにはみんな上手にもぐもぐと口を動かし、普段からとても食欲があるという子ばかりでした。離乳食を3回しっかり食べていれば、母乳で「栄養を補う」必要はありません。だんだんと母乳は「心の栄養」になってきます。ご飯を食べる量も、おっぱいやミルクの量も、いつまで飲んでも、やめても、それはママの気持ちや環境や、たくさんの要素が合わさって決まることです。ママが決めていても、赤ちゃんのほうからスーッとやめていくパターンも多いものです。

なるべく気楽に、肩の力を抜いて赤ちゃんとの生活を楽しんでください♪

2019年4月9日火曜日

これから始まる離乳食。

こんにちは。今日は穏やかな一日でしたが、明日は真冬並みに気温が下がるそうです。対策は万全に!暖かくしてお過ごしください。

さて今日は、準備期の離乳食教室がありました。

まだ生まれて間もない3か月と4か月のベビーとママ。とっても大変な時期なのに、ママたちは疲れた様子もなく熱心に教室に参加してくださいました。小さくてかわいいあかちゃん、ニコッと笑ったり、じーっとお互いを見つめたり、あくびをしたり…そんな何気ないしぐさが、なぜあんなに大人の心を揺さぶるのでしょうか。本当にかわいすぎます。

今は何でもすぐに調べられるという、考えようによってはいい時代なのかもしれませんが、逆に情報量が多くて振り回されてしまうことも少なくありません。そんなお話を今日もママがしていました。けれど、一人一人、成長の早さが同じわけがありません。情報が少なかった時代でも、ママやパパは立派に子育てをしていました。それぞれの家庭の方針や、あかちゃんの様子を見ながら離乳食は自然と進んでいきます。始まる前は何かと不安にもなりがちですが、始めてしまうと行ったり来たりしながらも、だんだん食べられる量や種類が増えて、いつの間にか自分で食具を持って、大人と同じような生活リズムで食事をするようになります!

そんな過程をのんびり、じっくり味わいながら成長を楽しんでいかれたら最高だと思います。

今日は教室が終わった後も、ママ同士で日中の過ごし方やねんねの時間などいろいろと情報交換をされていました。そんなふうに、月齢の近いベビーがいるママ同士、交流の場としても使っていただけたらうれしいです。

ステップアップ期には、食事の目安量や進め方について、完了期では、食事からしっかりと栄養が取れるようなメニューの紹介などをしています。

たくさんのご参加、お待ちしております♪

2019年4月3日水曜日

新しい春。

桜が満開の明るい春になりました。天気が良いと太陽の光で薄ピンクの桜の色がとても輝いて見えます。

新年度。新しい元号も発表されて、新しい時代が始まる予感に緊張感と喜びのある4月。今月から新しい学校や職場で、新しい生活がスタートする人も多いかと思います。不慣れな環境でも、食事や睡眠をしっかりとって、体力を十分に備えてほしいなと思います。

春の野菜も「新たまねぎ」とか「新ごぼう」といった名前がついているように、春って何もかもが新しい感じがして気持ちがいいですね。辛みやアクが少なく甘みが強くて食べやすいのが、普段食べている野菜との違いでしょうか。春ならではの食材を取り入れることで、季節を感じて、全身で春を体感して、元気な体づくりに役立ててほしいです。

旬のものには、その時期に体が欲している栄養素が入っているものです。忙しい毎日の中で、料理をしたりバランスを考えて食事をすることは大変なときもあると思います。働くお父さんもお母さんも、子育てをするパパママも、おじいちゃんもおばあちゃんも、赤ちゃんも、全ての人が健康でいられるお手伝いができるよう、簡単な料理や情報をここでお届けしていきたいと思います。

今年度も元気にがんばりましょう♪よろしくお願いいたします。

2019年3月21日木曜日

3月旬シリーズ野菜編。

今週は暖かい日が多かったように思いますが、週末はまた寒の戻りでぐっと気温が下がるようですね。桜の開花もニュースで目にするようになり、いよいよ春本番!という感じではありますが、気温の変化には十分気を付けて過ごしましょう!

前回は、旬のアサリのお話をしましたが、今回は「わけぎ」のお話をしようと思います。

三浦半島の地場野菜!
わけぎは、広島の生産がかなりの大部分を占めるようですが、最近スーパーで三浦半島の地場物も見かけるようになりました。みずみずしくておいしそうです!

わけぎは、ねぎの仲間ですが、正確にはねぎとエシャロットの雑種だそうです。ねぎのような刺激臭がなく、香りと風味がマイルドでやわらかいです。

通年出回っていますが、3~4月ころが一番の旬です。

葉ねぎや小ねぎ同様、分類上は緑黄色野菜になり、カロテンが豊富に含まれ、食物繊維やカリウムも含まれます。

そんなわけぎといえば、ぬた。いわゆる酢味噌和えが一番代表的なお料理ではないでしょうか。まぐろのお刺身やイカやタコを入れて作りますが、わけぎだけでも十分おいしくいただけます。

今日は、イカを入れて作りました。

わけぎはさっとゆがいてざるに上げたら、水をかけないで冷ますのがべちゃべちゃとしないポイントです。余力があれば、うちわなどであおいですばやく冷ますとなお良いです。

わけぎをゆでたお湯で、細切りにした刺身用のイカをさっと湯引きして氷水にとります。酢味噌の分量は、みそ:砂糖:酢が2:1:1くらいです。この和え衣に練り辛子を入れてもおいしいです。見た目ではわかりませんがこの写真のものは、辛子入り。ちなみに私は粉の辛子が好きで、粉を溶いて練った辛子を使っています。面倒ですが…。

水けをふきとったイカと、3センチくらいに切ったわけぎを和えれば出来上がり!

簡単に、春らしい一品の完成です。

緑色がきれいとか、やわらかいとか、春の野菜にはそんなイメージがあります。おいしそうなわけぎを見つけたら、ぜひ味わってほしいと思います。