2019年3月21日木曜日

3月旬シリーズ野菜編。

今週は暖かい日が多かったように思いますが、週末はまた寒の戻りでぐっと気温が下がるようですね。桜の開花もニュースで目にするようになり、いよいよ春本番!という感じではありますが、気温の変化には十分気を付けて過ごしましょう!

前回は、旬のアサリのお話をしましたが、今回は「わけぎ」のお話をしようと思います。

三浦半島の地場野菜!
わけぎは、広島の生産がかなりの大部分を占めるようですが、最近スーパーで三浦半島の地場物も見かけるようになりました。みずみずしくておいしそうです!

わけぎは、ねぎの仲間ですが、正確にはねぎとエシャロットの雑種だそうです。ねぎのような刺激臭がなく、香りと風味がマイルドでやわらかいです。

通年出回っていますが、3~4月ころが一番の旬です。

葉ねぎや小ねぎ同様、分類上は緑黄色野菜になり、カロテンが豊富に含まれ、食物繊維やカリウムも含まれます。

そんなわけぎといえば、ぬた。いわゆる酢味噌和えが一番代表的なお料理ではないでしょうか。まぐろのお刺身やイカやタコを入れて作りますが、わけぎだけでも十分おいしくいただけます。

今日は、イカを入れて作りました。

わけぎはさっとゆがいてざるに上げたら、水をかけないで冷ますのがべちゃべちゃとしないポイントです。余力があれば、うちわなどであおいですばやく冷ますとなお良いです。

わけぎをゆでたお湯で、細切りにした刺身用のイカをさっと湯引きして氷水にとります。酢味噌の分量は、みそ:砂糖:酢が2:1:1くらいです。この和え衣に練り辛子を入れてもおいしいです。見た目ではわかりませんがこの写真のものは、辛子入り。ちなみに私は粉の辛子が好きで、粉を溶いて練った辛子を使っています。面倒ですが…。

水けをふきとったイカと、3センチくらいに切ったわけぎを和えれば出来上がり!

簡単に、春らしい一品の完成です。

緑色がきれいとか、やわらかいとか、春の野菜にはそんなイメージがあります。おいしそうなわけぎを見つけたら、ぜひ味わってほしいと思います。




2019年3月11日月曜日

あさりを食卓に。

3月になり、気温も高めかなと思って少し薄着をすると、意外と風が冷たくて寒さに震えたりすることが多くなってきました。一日の寒暖差も大きいので、ちょっと油断をすると体調を崩してしまうので、皆さん油断大敵で、元気に3月過ごしましょう!!

さて3月から5月くらいにかけて旬を迎えるあさりのお話を今日は少し。

まだちょっと(いやだいぶ)海に入るには寒いのですが、これから潮干狩りシーズンになりますね。あさりは漢字にすると浅利。読んで字の如く、浅くて砂利の砂地にいることからこの名前がついたともいわれていますが、手軽に獲れるので「漁る」からきているとの説もあるそうです。

潮干狩りなどで獲ったあさりはもちろん砂抜きが必要ですが、今はスーパーで売られているものは砂抜きがしてあるものが多いので、そちらは手軽に使えると思います。さらに砂抜きをするとより完璧ですが、そのまま使ってもほとんど気になりません。ちなみに砂抜きは、海水と同じくらいの塩分濃度3%の食塩水を使い、2時間以上冷暗所においておきます。新聞紙などをかぶせて暗くしましょう。私はあさりが塩をぴゅーぴゅーしているのが面白くてついのぞいてしまうのですが…できればそっとしておきましょう(笑)。

さらにさらに、手間をはぶいて水煮の缶詰もあります。やはり食感は生のものとは異なりますが、栄養素も変わらず、成分表で見ると鉄分は生のものより多いくらいです。

あさりは、低カロリーながら、鉄分などのミネラルが多く貧血予防にとても効果的!お子様や女性の方にはとくにおすすめしたい食材です。

今まさにおいしい時期なので、シンプルに酒蒸しやみそ汁などあさりのおいしさを思い切り感じられるメニューがいいかと思います。火が通るのも本当に一瞬なので、パパっと作れるくせに、優れた栄養が摂取できます。えらい!

ちなみに、お味噌汁にするときには水から入れて沸騰させるとだしがたっぷり出て、沸騰させてからあさりを入れるとだしは少なめなものの、身がふっくらとするそうです。私はいつも、酒蒸しにしてからお味噌汁にしています!なんとなくおいしい気がしますが、調理方法はお好みで…♪

ぜひこれから旬を迎えるあさりを献立の一品に!


2019年2月28日木曜日

おしゃべりサロンのおやつ。

今日で2月も終わりです。寒い日もありますが、真冬の寒さとはまた違うような気がします。3月になると一気に春の雰囲気になりますね。出会いと別れの季節…。気温の変化も激しい時期ですので、引き続き体調管理は万全にしていきたいですね!

さて今日は、当院でおしゃべりサロンの開催日です。その中でお出ししているおやつのレシピをひとつご紹介したいと思います。

♪玄米フレークと米粉のクッキー♪

ざくざくの食感で、次から次へと手がのびてしまう…そんなクッキーです。市販のフレークを使うので本当に手軽に、失敗なくできますよ。

材料(18個くらい)
A…米粉35g
   片栗粉10g
  ベーキングパウダー小さじ1/2

B…てんさい糖30g
  豆乳20g
  植物油(太白ごま油使用)25g

玄米フレーク35g
アーモンド15g(粗く刻む)

作り方
1.Aを大きめのボウルに入れてぐるぐる混ぜる。
2.Bは小さめのボウルに入れて、上から順によく混ぜて油を乳化させる。
3.AのボウルにBを入れ、すばやく混ぜる。
4.玄米フレークと、刻んだアーモンドも加えよく混ぜる。
5.クッキングシートをしいた天板にスプーンなどで落として適当に形を整える。

6.160度のオーブンで10分焼いたら、150度に下げて20分ほど焼く。


4で玄米フレークを混ぜるときは、ザクザクと大胆に。フレークをざっくりと崩しながら混ぜるイメージで。あまりフレークの形が残りすぎていても成型しづらいので…。

今日使用した玄米フレークの場合、全量で約606kcal、鉄分が3.8mgです。使用するフレークにより栄養価は多少異なります。もちろん、コーンフレークでもできます!今回は甘味のないフレークを使用したので、お砂糖がついているフレークの場合は砂糖の量を減らしてもいいと思います。

粉をふるったり、泡立てたりもなく簡単にできますので、ぜひお試しください^^

2019年2月9日土曜日

こ食のお話。

今日は三浦半島もとっても寒く、雪も舞いました。昨日から、東京でも大雪かもという予報でいろいろと備えていた方も多いのではないでしょうか。結局、大雪にはならないようですが、備えあれば憂いなし!高をくくって大やけどをすることだけは避けたいと、大人になってひしひしと感じます…。

先日、新聞で読んだ「こ食(こしょく)」のお話を今日は少ししたいと思います。

現代社会で危惧される6つの「こ食」。当てはまるものはありますか?

さてこしょく、という言葉を聞いてまず思い浮かべるのは「孤食」ではないでしょうか。孤独な食事と書いて孤食。読んで字のごとく、ひとりで食事をすることです。

この孤食が原点になっているようにも思える、あと5つのこ食。

〇個食 家族が揃っているのに、個別で好きなものを食べる食卓。
〇小食 少しの量しか食べないこと。
〇粉食 パンやパスタなどの粉製品を好んで食べること。
〇固食 自分の好きな決まったものしか食べないこと。
〇濃食 加工食品や味付けの濃いものを食べること。

ひとりきりで、好きなものしか食べず、コミュニケーションをとることもない。粉製品ばかりで、噛む力が弱くなる。栄養が偏り、肥満や生活習慣病につながってしまう…と、6つの「こ食」にはそれぞれの問題点が隠されています。

健康に悪いことはもちろん、心にも悪影響を及ぼしかねません。お子さまはもちろん、親御さん、独身者や高齢者にもぜひ「共食」の場を増やして、心とからだの健康に気を配ってほしいと思います。

離乳食教室でも、毎回お話をしていますが、食育をするうえで「共食」というのはとても大事なポイントになります。

赤ちゃんは、特別に作ってもらったものより、パパやママといった安心できる人が食べているものを食べたがります。それは「あれは食べて安全なんだ、おいしいんだ」ということをくみ取るからです。もちろん、まだまだ大人と同じものを食べるわけにはいきませんが、食事の回数が増えてきたら、一日に一度でもいいので食事の時間を合わせて、パパやママと食卓を囲む機会を作ってくださいね。

みんなで囲む食卓が、健康の要です!できるだけ「こ食」をしないでいられるように心がけていけたらいいなと思います。


2019年2月4日月曜日

白菜の芯で。

三浦半島はぽかぽかの立春となりました。ただ、この暖かさが続くわけではなく…一度暖かさを感じると、明日からがより一層寒く感じるのではないかと今からビクビクしております。引き続き、風邪やインフルエンザに備えた生活を送っていきましょう!

今年の冬は、野菜が高騰することがなかったように思います。今日の主役の白菜も、とても大きくてお値段も安くて、食卓のレギュラー選手というご家庭が多いのではないでしょうか。

鍋ものに欠かせない白菜。火を通すととろっとやわらかくて甘くておいしいですよね。ご家庭で漬物を作るかたもいらっしゃるかもしれません。また、生の白菜もシャキシャキとしていて歯ごたえがよく、甘みもあります。クセのない味はお料理もしやすい。白菜の栄養は大部分が水分ですが、ビタミンCやカリウムなどのミネラル分も含みます。

今の時期にうれしい、風邪予防や免疫力アップに期待ができる白菜!そんな白菜の、芯の部分の食べ方として私のお気に入りのラーパーツァイのご紹介。

ラーパーツァイとは、中華風の漬物のことです。



芯の部分だけでもいいですし、葉っぱの部分が入っていてもかまいません!

拍子切りにした芯の部分(写真のものは人参のせんぎりも少々入っています)に塩をふり、重しをして30分ほどしたら水分をしっかり絞ります。

すし酢くらいの甘酢と鷹の爪、それからごま油をフライパンで熱して、熱々をじゅわーっとかけます。よく混ぜてなじませてからいただきます。作り方はいろいろあって、調味料全部を熱するものや、白菜を炒めて作るものなどもあるようです。

生姜のせん切りを入れてもおいしいです!

そしてピリッとして香りのある「花椒」という中国版山椒を入れるとより本格的な味わいになります。スパイスの売り場で瓶に入ったものが売っていますので、気になる方はぜひ見てみてください。麻婆豆腐に使うのもおすすめです!

一味違った白菜。芯だからこそおいしいお漬物です。ぜひおためしください。

2019年1月23日水曜日

離乳食教室へぜひ!

こんにちは。インフルエンザ大流行していますね。みなさまのまわりはどうでしょうか。予防していても、日々の生活の中で避けられない部分があるのも事実。かかってしまったら、とにかく安静にして回復を待ちましょう!

さて、昨日はステップアップ期の離乳食教室を行いました。ステップアップ期はだいたい7~9ヶ月くらいの赤ちゃんを対象にしています。今回は6ヶ月の女の子と9ヶ月の男の子が参加してくれました。

見つめあう姿に癒されすぎました…


月齢が少し離れているので、それぞれの現状やお悩みを聞きながら教室をすすめ、時にはママ同士で情報交換をしながら和気あいあいと時間が過ぎてゆきました。

大人数の教室とは違い、当院の教室では赤ちゃんによって異なるし好や、量や形状などについて対話しながら進めていくので、細かいお悩みを相談しやすいのが大きなメリットではないかと思います。

準備期、ステップアップ期、完了期と3つに分けていますが、月齢はあくまで目安ですので、進め方などにお悩みがあればぜひお気軽にお問合せいただければと思います。

ママもあかちゃんも、笑顔で毎日過ごせるようにほんの少しだけお手伝いさせていただきたいと思おっております。

ぜひ、たくさんの方のご参加お待ちしております!

2019年1月8日火曜日

お疲れ様のからだに。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2019年になり一週間が過ぎました。三浦半島はお天気も良く、比較的寒さも弱く過ごしやすいお正月でした。新しい年の始まりは、背筋がピンと伸びる気がして気持ちがいいものですね。みなさんはどんなお正月を過ごされましたか。

1月7日は、七草がゆの日でした。無病息災を願い、また疲れた胃腸を癒し、この時期に食べるおかゆは心も体もホッとします。

私は、白いおかゆを土鍋で炊きました。とにかく米が好きで好きで、白いご飯は迷わず最後の晩餐に選びたいくらい好きです。草を入れないで炊いてしまったこと…すみません。土鍋で炊いたおかゆ、甘くてとってもおいしいです!七草がゆをきっかけに、赤ちゃんの離乳食や具合の悪いときだけでなく、ぜひ普段のレパートリーに取り入れてほしいと思います。

さて、お米と水の割合ですが、5分粥というのがいわゆる全粥のことで、米1に対し水が5です。お米1カップでお水が1000mlです。ちなみに離乳食では10ヶ月前後の時期でしょうか。

お米を研いで、ざるにあげたら分量の水を入れて火にかけます。沸騰して白っぽい泡がでてきたら(写真)ざっと大きく2~3回混ぜて、火を弱めます。

沸騰している様子
そのあと、蓋を少しずらすか、菜箸などを挟んで(写真)弱火で50分くらい炊きます。


地味な写真ですみません


土鍋で炊きたてのおかゆを家族で囲むのもよいものです。もちろん、タッパーなどにうつして冷凍保存もできます。今この時期だからこそ、おかゆ。身に染みるはずです^^