2019年2月9日土曜日

こ食のお話。

今日は三浦半島もとっても寒く、雪も舞いました。昨日から、東京でも大雪かもという予報でいろいろと備えていた方も多いのではないでしょうか。結局、大雪にはならないようですが、備えあれば憂いなし!高をくくって大やけどをすることだけは避けたいと、大人になってひしひしと感じます…。

先日、新聞で読んだ「こ食(こしょく)」のお話を今日は少ししたいと思います。

現代社会で危惧される6つの「こ食」。当てはまるものはありますか?

さてこしょく、という言葉を聞いてまず思い浮かべるのは「孤食」ではないでしょうか。孤独な食事と書いて孤食。読んで字のごとく、ひとりで食事をすることです。

この孤食が原点になっているようにも思える、あと5つのこ食。

〇個食 家族が揃っているのに、個別で好きなものを食べる食卓。
〇小食 少しの量しか食べないこと。
〇粉食 パンやパスタなどの粉製品を好んで食べること。
〇固食 自分の好きな決まったものしか食べないこと。
〇濃食 加工食品や味付けの濃いものを食べること。

ひとりきりで、好きなものしか食べず、コミュニケーションをとることもない。粉製品ばかりで、噛む力が弱くなる。栄養が偏り、肥満や生活習慣病につながってしまう…と、6つの「こ食」にはそれぞれの問題点が隠されています。

健康に悪いことはもちろん、心にも悪影響を及ぼしかねません。お子さまはもちろん、親御さん、独身者や高齢者にもぜひ「共食」の場を増やして、心とからだの健康に気を配ってほしいと思います。

離乳食教室でも、毎回お話をしていますが、食育をするうえで「共食」というのはとても大事なポイントになります。

赤ちゃんは、特別に作ってもらったものより、パパやママといった安心できる人が食べているものを食べたがります。それは「あれは食べて安全なんだ、おいしいんだ」ということをくみ取るからです。もちろん、まだまだ大人と同じものを食べるわけにはいきませんが、食事の回数が増えてきたら、一日に一度でもいいので食事の時間を合わせて、パパやママと食卓を囲む機会を作ってくださいね。

みんなで囲む食卓が、健康の要です!できるだけ「こ食」をしないでいられるように心がけていけたらいいなと思います。


2019年2月4日月曜日

白菜の芯で。

三浦半島はぽかぽかの立春となりました。ただ、この暖かさが続くわけではなく…一度暖かさを感じると、明日からがより一層寒く感じるのではないかと今からビクビクしております。引き続き、風邪やインフルエンザに備えた生活を送っていきましょう!

今年の冬は、野菜が高騰することがなかったように思います。今日の主役の白菜も、とても大きくてお値段も安くて、食卓のレギュラー選手というご家庭が多いのではないでしょうか。

鍋ものに欠かせない白菜。火を通すととろっとやわらかくて甘くておいしいですよね。ご家庭で漬物を作るかたもいらっしゃるかもしれません。また、生の白菜もシャキシャキとしていて歯ごたえがよく、甘みもあります。クセのない味はお料理もしやすい。白菜の栄養は大部分が水分ですが、ビタミンCやカリウムなどのミネラル分も含みます。

今の時期にうれしい、風邪予防や免疫力アップに期待ができる白菜!そんな白菜の、芯の部分の食べ方として私のお気に入りのラーパーツァイのご紹介。

ラーパーツァイとは、中華風の漬物のことです。



芯の部分だけでもいいですし、葉っぱの部分が入っていてもかまいません!

拍子切りにした芯の部分(写真のものは人参のせんぎりも少々入っています)に塩をふり、重しをして30分ほどしたら水分をしっかり絞ります。

すし酢くらいの甘酢と鷹の爪、それからごま油をフライパンで熱して、熱々をじゅわーっとかけます。よく混ぜてなじませてからいただきます。作り方はいろいろあって、調味料全部を熱するものや、白菜を炒めて作るものなどもあるようです。

生姜のせん切りを入れてもおいしいです!

そしてピリッとして香りのある「花椒」という中国版山椒を入れるとより本格的な味わいになります。スパイスの売り場で瓶に入ったものが売っていますので、気になる方はぜひ見てみてください。麻婆豆腐に使うのもおすすめです!

一味違った白菜。芯だからこそおいしいお漬物です。ぜひおためしください。

2019年1月23日水曜日

離乳食教室へぜひ!

こんにちは。インフルエンザ大流行していますね。みなさまのまわりはどうでしょうか。予防していても、日々の生活の中で避けられない部分があるのも事実。かかってしまったら、とにかく安静にして回復を待ちましょう!

さて、昨日はステップアップ期の離乳食教室を行いました。ステップアップ期はだいたい7~9ヶ月くらいの赤ちゃんを対象にしています。今回は6ヶ月の女の子と9ヶ月の男の子が参加してくれました。

見つめあう姿に癒されすぎました…


月齢が少し離れているので、それぞれの現状やお悩みを聞きながら教室をすすめ、時にはママ同士で情報交換をしながら和気あいあいと時間が過ぎてゆきました。

大人数の教室とは違い、当院の教室では赤ちゃんによって異なるし好や、量や形状などについて対話しながら進めていくので、細かいお悩みを相談しやすいのが大きなメリットではないかと思います。

準備期、ステップアップ期、完了期と3つに分けていますが、月齢はあくまで目安ですので、進め方などにお悩みがあればぜひお気軽にお問合せいただければと思います。

ママもあかちゃんも、笑顔で毎日過ごせるようにほんの少しだけお手伝いさせていただきたいと思おっております。

ぜひ、たくさんの方のご参加お待ちしております!

2019年1月8日火曜日

お疲れ様のからだに。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2019年になり一週間が過ぎました。三浦半島はお天気も良く、比較的寒さも弱く過ごしやすいお正月でした。新しい年の始まりは、背筋がピンと伸びる気がして気持ちがいいものですね。みなさんはどんなお正月を過ごされましたか。

1月7日は、七草がゆの日でした。無病息災を願い、また疲れた胃腸を癒し、この時期に食べるおかゆは心も体もホッとします。

私は、白いおかゆを土鍋で炊きました。とにかく米が好きで好きで、白いご飯は迷わず最後の晩餐に選びたいくらい好きです。草を入れないで炊いてしまったこと…すみません。土鍋で炊いたおかゆ、甘くてとってもおいしいです!七草がゆをきっかけに、赤ちゃんの離乳食や具合の悪いときだけでなく、ぜひ普段のレパートリーに取り入れてほしいと思います。

さて、お米と水の割合ですが、5分粥というのがいわゆる全粥のことで、米1に対し水が5です。お米1カップでお水が1000mlです。ちなみに離乳食では10ヶ月前後の時期でしょうか。

お米を研いで、ざるにあげたら分量の水を入れて火にかけます。沸騰して白っぽい泡がでてきたら(写真)ざっと大きく2~3回混ぜて、火を弱めます。

沸騰している様子
そのあと、蓋を少しずらすか、菜箸などを挟んで(写真)弱火で50分くらい炊きます。


地味な写真ですみません


土鍋で炊きたてのおかゆを家族で囲むのもよいものです。もちろん、タッパーなどにうつして冷凍保存もできます。今この時期だからこそ、おかゆ。身に染みるはずです^^

2018年12月31日月曜日

平成最後の大みそか。

いよいよ2018年も最後の一日となりました。何にでも「平成最後」がつくことにも慣れてきたようなそんな気がします。

数年前から元旦から開いているお店がとても多いですが、それがまた近頃見直されているようですね。お店が開いているということは当たり前ですが働いていらっしゃる方がいるということで、今は休日にする動きが活発だそうです。個人的には、お正月というのはどこもお休みでしーんと静かなほうが「らしさ」があって好きです。みなさんはいかがですか?

今年も「食」から健康になるためのお話をこちらでさせていただきました。人間のからだは食べるものでできています。たくさん食べて、たくさん動くというのが健康の基本だと思います。何をどのくらい食べるということも大切ではありますが、おいしく食べて元気に動けるということができれば人は健康に生活できるのだと思います。

どうか、来年もみなさまにとって健康で、笑顔のあふれる年になりますように。

本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

楽しいお正月をお過ごしください♪♪
(いっぱい食べたら、いっぱい動いて消費しましょう笑)

2018年12月14日金曜日

大根おろしに医者いらず。

昔からあることわざというか格言というか、こんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。柿が赤くなると医者が青くなる…。ここでいう柿とは、りんごやトマトの場合もあるのですが、タイトルの大根おろしにせよ、食べ物には体を元気にする要素が存分に含まれているということの表れだと思います。

寒さが増してきて、今、大根がとってもおいしい時期になりました。特にこの三浦半島では、家庭の大根保有率が相当高いのではないかと勝手に想像しています。大根(根の部分)は95%以上が水分で、ビタミンCや消化酵素を多く含みます。この消化酵素(ジアスターゼ)が医者いらずに一役かってくれているのです。

この消化酵素の恩恵を余すことなく受けるのであれば、間違いなく「生の大根おろし」として食べるのが最も効果的。また私の個人的し好の話で申し訳ありませんが、私は大根おろしが大好物です。特に、脂の多い肉や魚と合わせるのが好きで、こってりとさっぱりの味わいでいつまでも食べていられそうな気がします。そして、消化酵素の働きで胃腸の働きを助け、消化不良の解消、また胃酸のコントロールをして胃もたれ・胸やけ防止にも役立ってくれる心強さもあり、このことが「油+大根おろし」の組み合わせ好きに拍車をかけているのだと思います。いくら食べてもなんとなく安心…。

しかし、大根おろしというのは時としてとても辛いことがあります。もちろん、この辛さには好みがあるので、ある程度の辛さは大根おろしのだいご味のようなもの。ただどうしても辛くて食べられないというときは、おろしてすぐより消化酵素の恩恵は何割か減ってしまいますが、私は少し時間をおいてから食べています。

辛みの成分は揮発していくので、おろしてすぐよりもしばらくおいてからのほうが辛みが減ります。インターネットで検索すると、びっくりするくらいいろいろな「辛みぬき」の方法が出てきました。レンジでチンするほか、混ぜ物として卵黄、酢、砂糖、うまみ調味料、マヨネーズなどなど…。試していないので何とも言えませんが(-_-;)

また、「おろし煮(みぞれ煮)」という料理もおすすめです。鶏のモモ肉を焼いて、だし汁少々と大根おろしを汁ごとたっぷり。みりん、しょうゆ(お酢を少し入れるのもおすすめ)で味付けをして煮ます。お肉が柔らかくなるし、大根おろしとお肉から出たうまみが絡み合ってとてもおいしいですよ。豚肉でも、魚でも合います。

旬の大根をいろいろな料理法で味わって、風邪などよせつけない元気な体づくりをしてほしいと思います。

2018年12月5日水曜日

旬のケール。

ついに一年最後の月、12月がやってまいりました。12月に入ったと思ったら異様な温かさが続いて、とても変な感じがします。どんなことにでも「らしさ」って大事なんだなと思ったりもします。

冬野菜は、寒さで甘みが増すということなので、やはり冬には冬らしい気候になってほしいなと考えるわけです。白菜や大根、ほうれん草など冬になるとおいしくなる野菜はいろいろありますが、今日はあまりなじみのないこんなお野菜を取り上げてみようと思います。



「ケール」

です。聞いたことがある方も多いかもしれません。口にしたことのある方の多くはもしかすると”青汁”で飲んだことがあったり…?日本ではもっぱらジュースの材料として利用されることが多いこのケール。密集したパセリのような見た目ですが、こちらはどうやらスコッチケールというカールが強い品種のようです。横須賀市の地場物をみかけたので購入してみました。

一般的なケールというのはカールがなく、「結球しないキャベツの仲間」というのが納得の見た目をしています。つまり、キャベツの葉っぱを一枚一枚バラバラにしたような、そんな感じです。

独特の苦みはありますが、甘みもあって生食でおいしくいただけます。10月に紹介した
大人の秋サラダの春菊をケールに変えてサラダにするのがよく合います。苦み、甘み、塩けや酸味が相まってシンプルだけど奥の深い味わいになります。

栄養価に関しても、青汁の材料になるくらいなのでかなりの優等生。ビタミンC、Aも多く、カルシウムは100g当たり220mgと野菜の中でもトップクラスだと思います。

今の時期しか味わえないおいしさがあるので、見かけた際はぜひ手にとってみてはいかがかなと思います。