2018年12月5日水曜日

旬のケール。

ついに一年最後の月、12月がやってまいりました。12月に入ったと思ったら異様な温かさが続いて、とても変な感じがします。どんなことにでも「らしさ」って大事なんだなと思ったりもします。

冬野菜は、寒さで甘みが増すということなので、やはり冬には冬らしい気候になってほしいなと考えるわけです。白菜や大根、ほうれん草など冬になるとおいしくなる野菜はいろいろありますが、今日はあまりなじみのないこんなお野菜を取り上げてみようと思います。



「ケール」

です。聞いたことがある方も多いかもしれません。口にしたことのある方の多くはもしかすると”青汁”で飲んだことがあったり…?日本ではもっぱらジュースの材料として利用されることが多いこのケール。密集したパセリのような見た目ですが、こちらはどうやらスコッチケールというカールが強い品種のようです。横須賀市の地場物をみかけたので購入してみました。

一般的なケールというのはカールがなく、「結球しないキャベツの仲間」というのが納得の見た目をしています。つまり、キャベツの葉っぱを一枚一枚バラバラにしたような、そんな感じです。

独特の苦みはありますが、甘みもあって生食でおいしくいただけます。10月に紹介した
大人の秋サラダの春菊をケールに変えてサラダにするのがよく合います。苦み、甘み、塩けや酸味が相まってシンプルだけど奥の深い味わいになります。

栄養価に関しても、青汁の材料になるくらいなのでかなりの優等生。ビタミンC、Aも多く、カルシウムは100g当たり220mgと野菜の中でもトップクラスだと思います。

今の時期しか味わえないおいしさがあるので、見かけた際はぜひ手にとってみてはいかがかなと思います。